育毛剤コレクターK君に教えてあげたいIGF-1!脱毛は体の内部で起きている!

ドラッグストアに行けば、所狭しと置かれている育毛剤。
薄毛に悩む私の友人K君は、今年で36歳。

「キミは育毛剤マニアなの?」

って思わず言いたくなるほどありとあらゆる
育毛剤を試しているのですが、私の目から見て
いっこうに毛が増えているようには思えません。

それどころか、年々髪は薄くなっていく一方。

私も最近抜け毛に悩んでいることもあってか、
気心が知れた私とK君との間には育毛に関する話題が絶えないのです。

先日会ったときも、

「このあいだ、新しい育毛剤を見つけたんだ!」
「今回の育毛剤は今までのものとは違う!」
「これでオレの髪も復活するよ!」

なんて意気揚々に私に語っていたのですが、
内心私はあきれていました。

・・・

また半年前と同じことを言っているな・・・と。

K君は、まだ独身の身。
やはり髪が薄くなると女性からの印象も悪くなることから、
髪を諦めきれないようで、日々自分の髪を増やすための
飽くなき研究をしているのです。

研究熱心なところは、それはそれでおおいに結構だと思うのですが、
研究に熱が入りすぎているためか、使用する育毛剤も次から次に
変える始末。

どんな育毛剤でも最低半年くらいは毎日継続使用しないと
効果はあらわれないと思うのですが、K君に関しては2ヶ月に
1回のペースで育毛剤をコロコロと変えてしまっているのです。

いわゆる、育毛剤コレクターってやつですかね。

そんなK君に言ってあげたいのが、育毛剤をコロコロ変えるより、
まずは抜け毛、薄毛の原因をちゃんと知ることが重要!

って言ってあげたいですね。

そしてもう一つ言ってあげたいのが、抜け毛や薄毛といった
髪の問題は体の内部で起きている減少だってこと。

そりゃー、中には効果のある育毛剤もあるかもしれませんが、
育毛剤はあくまでも頭皮の血行を促進するためのもの。

髪は毛乳頭細胞や毛母細胞といった髪を作り出す細胞を
活性化しないことには元気に育たないのです!

そのために重要なのが毛根細胞におけるIGF-1の量を増やすということなのです!